睡眠不足は体調不良の原因!知っておいてほしい3つの危険性

睡眠時間が短いことや、徹夜してしまったことを自慢してくる人が周囲にいませんか?しかし、睡眠不足の状態というのは危険な状態なのです。ですから、何の自慢にもならないのです。周りに自慢してくる人がいたならこっそり鼻で笑ってあげるか、もしくは優しく諭してあげましょう。あるいは自分がそうであったなら、今すぐその考えを改める必要がありますよ!

では、なぜ睡眠不足がいけないことなのでしょうか?なんといって、睡眠不足こそが人の健康をおびやかしてしまうからなのです。その危険性を3つのポイントに分けてご説明します。

まず一つめは睡眠不足の人は太りやすくなるということです。睡眠時間を6時間から7時間とっている人は、肥満の人が少ないことがわかっています。しかし睡眠時間が少ない人は、空腹を増長させるグレリンという物質が体内で多く分泌されるようになります。逆に食欲を抑えるレプチンがあまり分泌されなくなります。そうなると夜中にお腹が減ってしまうわけですから、空腹を満たすために必要以上の食事をすることになります。その結果として肥満に繋がってしまうということなのです。

睡眠不足が毎日のように続くとなると、さらに肥満の可能性は高くなってしまいます。このことから、減量中の人にとっては睡眠不足は特に大敵だと言えますね。食事のバランスをきちんと考え、運動もしているのになかなか体重が減ってくれないというときは、睡眠不足が影響している場合があります。自分の睡眠時間をもう一度見直し、改善していきましょう。

二つめは、血圧を上昇させるということです。起きて活動をしている間は交感神経が活発になっており、この交感神経が手や足にある末梢血管を収縮させ、血圧を上昇させています。逆に眠っている間は交感神経の活動が穏やかになりますから、末梢血管は緩まり血圧は低下します。このサイクルが平常の血圧を保っています。しかし睡眠不足が続くと交感神経が活発なままとなり、緩むことなく末梢血管は収縮しているので血圧が高い状態が続いてしまうというわけなのです。

血圧が上昇しっぱなしの状態というのは人体にとっては負担です。睡眠をしっかりとり、上昇と低下のサイクルをきちんと促してあげる必要があるのです。また、交感神経が活発なままだと寝つきを悪くしてしまうことにもなります。以前はすんなりと眠りにつけたのに最近は寝つきが悪い、というようなら睡眠不足によって交感神経が興奮状態にあることが原因だと考えられます。

そして最後の三つめは、睡眠不足は寿命を短くするということです。これが何よりおそろしいことではないでしょうか?寿命が短くなることに関する詳細な原因というのは、実は未だによくわかっていません。けれども、十分な睡眠がとれずに脳も身体も休まらない状態では人間はどんどん疲弊していってしまいます。それと同時に、自分の命を削ってしまっているのだと考えられます。また、睡眠不足は集中力も低下させます。このことが事故などを起こす要因にもなり、結果として寿命を縮めていることもあるのです。

以上3つの危険性を考えると、睡眠不足の状態がいかにこわいものであるかがよくわかるかと思います。日中の活動に支障をきたさないよう程度の睡眠時間というのは、人によってまちまちです。そのため、数時間の睡眠でも割と大丈夫な人や、6、7時間ちゃんと寝ないとつらいという人もいます。しかし、人間が必要とする睡眠時間というのは皆等しく同じです。睡眠は人生を十分に謳歌していくには欠かせない要素です。人間にとって必要な睡眠時間をきちんと確保し、睡眠を欠かさないよう心がけていくことが重要なのです。

Read More

良い睡眠は良い食事から!健康的な食事を心がけてぐっすり眠ろう

眠れない、寝た気がしないといった睡眠の問題を解決するには睡眠時に気を配ることもとても大切なことです。しかし、そのほかにもより良い睡眠をとるためのアプローチ法というものがあるのです。その方法とは、普段わたしたちが生きる上で欠かせない習慣となっている食事です。もちろん、ただ物を食べるだけで良い睡眠をとることができるわけではありません。心地よく眠りに就くための成分を摂取できる食べ物を食べることが重要なのです。

良い睡眠をとるために必要なものはまず第一に心と身体をリラックスさせてくれる成分です。心や身体の調子がたかぶったままのときや、ストレスを感じているときに人は寝つきが悪くなるものだからです。リラックスさせてくれる成分でカルシウムです。イライラしたときはカルシウム不足が原因と言われるように、カルシウムには心を落ち着かせてくれる働きがあるのです。眠れないときはホットミルクを飲むと良い、というのも頷ける話ですよね。もちろん、ヨーグルトなどの乳製品を食べることも効果的です。

パントテン酸という成分も入眠に効果があります。ストレスに対する抗体をつくり、身体の余計に疲労していくのを抑えてくれるようになります。このパントテン酸はたらこやレバー類に含まれています。また、これと同時にビタミンCやビタミンEを摂ればさらに効果が上がります。ビタミンCはブロッコリーやピーマンに、ビタミンEはアーモンドなどに含まれています。

催眠作用をもたらす成分を摂ることも睡眠には重要です。中でもメラトニンというホルモンは乱れた体内時計を調節してくれるので、きちんと摂取すれば夜の時間にちゃんと眠気が訪れるようになり、すぐに就寝しやすくなります。メラトニンは米やかいわれ大根などに含まれています。それから、トリプトファンというアミノ酸もセロトニンという催眠効果のあるホルモンを生成します。トリプトファンはバナナや牛乳、はちみつや大豆製品に多く含まれています。

また、メラトニンとトリプトファンと同様の働きをしてくれるラクッコピコリンの摂取も効果的です。これはレタスにたくさん含まれている成分ですから、サラダなどにして食べると摂取しやすいかと思います。こういった成分が含まれる食品を適度に取り入れながら、自分で調理をして摂取していくことが望ましいです。

けれども仕事などで疲れてしまい、なかなか自分では料理をする気力がわかないという人もいることでしょう。そういう場合は、すでに出来上がった食品を買って摂取することでも問題ありません。ただし、偏らせずバランスよく食事をすることが大切です。

ただし、リラックス効果のある成分や入眠効果のある食べ物をただ摂取するだけでは不十分だと言えます。これらの成分をきちんと体内に取り入れるには、規則正しい生活を心がける必要があります。身体が健康な状態だと、食べ物に含まれる成分もさらにより取り込みやすくなるからです。必要成分が含まれた食事をしっかりとり、お風呂などで心と身体を休めた後は布団に入って眠るのです。夜更かしをしないのが原則ですよ!そして翌朝も決まった時間に起きるようにしましょう。

この流れを毎日繰り返せば、これらの一連の流れが次第に身につき、習慣化することができます。習慣化できればその流れに従って生活が可能になりますから、なかなか寝付けないということが減っていきます。そして睡眠に効果的な成分を食事で摂取しているわけですから、睡眠時の問題も緩和されていきます。生活リズムを乱すことなく、食事という形で安眠をもたらしてくれる要素をしっかり取り入れながら暮らしていくことが肝心なのです。

Read More

快適な睡眠を得たい人が就寝前のテレビやゲームを控えるべき理由

一週間仕事を頑張った後、週末ではどんなものを自分のご褒美にしているでしょうか?前から観たいと思っていた映画やドラマでしょうか。または、新作のテレビゲームでしょうか。ネットサーフィンやオンラインゲームが好きな人は、パソコンやスマートフォンを利用してそういったことを楽しんでいることでしょう。しかし、こういったお楽しみは眠る直前まで行うのは控えた方が良いのです。なぜなら、これらの行動が質の良い睡眠をとれなくさせてしまうからです。

まず挙げられる弊害としては、睡眠時間が減ってしまうということです。人によって睡眠時間はまちまちですから、短くてもへっちゃらだという人も当然います。けれども、人間は活動すれば休息を求めるものです。娯楽を楽しみたいという気持ちはよくわかりますが、眠って身体を休ませることも生きる上では大切なことです。昼間の活動に支障が出ないようなら、睡眠時間が少なくても構いません。「今夜はこの辺まで」と自分で制限を設け、休息できる時間を上手につくっていくように心がけてください。

ただし徹夜は厳禁です!眠っていないということは、脳も身体も休まっていないということに他なりません。これは睡眠時間が足りないことよりも危険なことです。寝不足によって注意力が散漫になり、最悪事故に発展するという事態を招くことにもなりかねません。ですから、眠る時間は必ず確保しておくようにしてください。

それから、目を疲れさせるということも睡眠を阻害することになるのです。テレビやパソコン、スマートフォンの画面を見つめているときに「まぶしいな」と感じたことはありませんか?それは画面から発しているブルーライトが原因です。ブルーライトというのは紫外線のように強力なエネルギーを持っており、目にとっては刺激が強いです。

このことから、ブルーライトは目を疲れさせやすい光だと言えます。そしてそのブルーライトをパソコンなどで長時間目でとらえ続けるということになるわけですから、目の疲労は相当なものになります。この疲労をため込まないためにも、仕事などで長時間ブルーライトを発する画面とにらめっこをしなければならないときは、1時間に15分程度の休憩をはさむ必要があるのです。

また、実は太陽の光もブルーライトを含んでいます。つまりブルーライトを浴びると、現在が夜であったとしても脳が太陽を浴びたと勘違いするため、朝だと認識してしまうことになります。脳が朝だと思い込んでいると寝つきが悪くなり、結果として睡眠障害を起こすことに繋がります。そして睡眠不足のときと同様に注意力が散漫になったり、なんとなくぼんやりしてしまったりする症状を起こすようになってしまうのです。

もちろん、映画を観ることやゲームをすることがいけないというわけではありませんよ!自分の好きなことに取り組むことは、人間にとって良いリフレッシュ方法です。ストレスを解消してやることでぐっすり眠れることにもなります。しかし熱中するあまり時間も睡眠も忘れてしまうことは、リフレッシュではなく逆に心身への負担となってしまいます。

テレビやゲームは眠る2、3時間前に、それが無理なら少なくとも眠る1時間前に終わらせてください。目を酷使させた後はたとえ自覚がなくても疲労していますし、神経も興奮状態となっているからです。眠る前にその疲労を緩和させておく猶予が1時間ということなのです。物語の一番良いところでやめるのは名残惜しくなってしまうかと思いますが、よく眠りたいなら寝る直前のテレビやゲームは控えてください。そして翌日もしっかり活動できるように、おとなしく布団に入るようにしましょう。

Read More

身体全体を温めることが夜にぐっすりと眠るための秘訣です!

安心できる状況というのは人によって異なってきます。しかし、今までの経験上ほっと一息つけるのは適度に温かい場所なのではないでしょうか。暑すぎず、寒すぎない場所は快適に過ごすことができますよね。それは眠るときも同様です。温かいと感じられる環境下ならば、すぐに眠ることができるのです。ですから、日頃あまり寝つきが良くないと感じている人は眠る前に身体を温めておくことが大切です。温める方法も自宅ですぐに実践可能なことですから、仰々しい準備も必要ありません。

身体を温かくする方法で代表的なのがお風呂ですね。夏は暑いからシャワーだけで済ませてしまうことも多いでしょうが、身体が温まらないのでリラックス効果はあまりなく、入浴後も疲れがとれた感じがほとんどしません。湯船に浸かる方がリラックス効果は高いので、忙しいときもシャワーだけではなく湯船に浸かるようにしましょう。

むしろ疲れているときこそ、湯船に浸かるようにした方が良いのです。けれどもあまり熱すぎる温度だとすぐにのぼせてしまいますし、ゆったり浸かるということも難しくなってしまうので湯船に浸かると決めたときは温度がぬるめのお湯を張るようにしてくださいね。

お風呂に入ると気持ち良くて眠ってしまいそうになる、という人もいることから湯船に浸かって温まるということはそれだけ身体の緊張がほぐされているということです。けれども本当に湯船に浸かったまま眠るのはダメですよ!仮に湯船で長時間眠ったままになると風邪をひく原因になりますし、身じろぎをした瞬間今までの態勢を崩して湯船の中で溺れてしまう事態になるというおそれもあります。

ですから、気持ち良いからと言ってお風呂の中で眠ることは危険なので絶対にしないでください。温まった後はしっかり身体を拭き、お気に入りのパジャマを着て就寝に備えるようにしましょう。髪が濡れたままなのも風邪をひく原因になりますから、髪をしっかり乾かすことも忘れないようにしてくださいね。

手先や足先を温めることも良い睡眠をとるためにもとても有効な手段です。靴下をはけば良いと思う人や、すでに靴下作戦を実行している人はかなり多いと思います。しかしゴムひもの締め付けで足の血行を悪くしてしまうため、あまりおすすめはできません。ですから、別の方法で手先やつま先を温めてあげる必要があります。その方法というのは、ずばり体操です。体操と言っても難しいことは何一つないのでご安心を!

まずは手を広げてください。続いてぎゅっとこぶしを握り、また広げます。この動作を10回程度繰り返してください。足のつま先も同じようにして、指をぎゅっと曲げて伸ばすという行動を同数回繰り返してください。段々と手先やつま先が温まってきますよ。素早くやれば良いというものでもありませんから、ゆっくり行うようにしましょう。この体操は季節関係なく、指先が冷たいと感じたときにすぐに行うことが可能です。冷えを感じたときはぜひ実践してみてくださいね。

温かい環境というのは人間がもっとも活動しやすく、なおかつもっとも眠りに入りやすい状況になっているということです。外側からだけではなく、内側から温めることが肝心なのです。そういう意味では温かい飲み物を飲むことも大変効果的です。入浴後にホットミルクを飲むなど、身体を温める他の行動と併せるようにすればなお良いでしょう。

布団だけの温かさでも十分幸せは感じられますが、本来の快適な睡眠には今一歩届かないのです。毎晩睡眠について悩むことなく、しっかり眠れるようにするためにも就寝前に身体を温めるよう常に心がけるようにしましょう!

Read More