睡眠の質を悪くしている原因は間違った夜食の取り方にある!

残業をしていて家に帰るのが遅くなったとき、夕食は食べたけど夜中になんとなくお腹が空いてしまったときに夜食をとることがあるかと思います。しかし、夜食の取り方によっては睡眠の質を下げることなり、きちんと眠れなくなってしまう場合があるのです。夜食は我慢すればやめられるものではありますが、お腹が空いていると何となく寂しかったり、イライラしたりしてなかなか眠れないという人もいます。ですから、精神を安定させるという意味では夜食を取ることは悪いことではないのです。

良い睡眠がとれなくなることは、生きていく上でとてもつらいことです。日中身体がだるかったり、何をするにしてもおっくうな気分になってしまったりするので、良いことはないと言ってもいいくらいです。このような事態にならないためにも正しい夜食の取り方を覚え、心地よい睡眠がとれるようにしていくことが大切です。

実際ちゃんとした睡眠を取るときには、胃の中には何もない状態の方が好ましいと言えます。眠っているときというのは、心と身体が休息をとっている状態です。つまり起きているときよりも心身の活動は鈍くなっているのです。そのため食べて間もない間に眠ってしまうと、食べた物はうまく消化されません。結果として胃もたれを起こし、胃の状態を悪くしてしまいます。

また、消化をしているということは睡眠時において不必要な作業をしていることになります。休むべきときに他所で余計なエネルギーを消費しているわけですから、身体は睡眠に専念できなくなってしまいます。そうして眠りが浅くなり、熟眠できずに途中で目を覚ましてしまうことになるのです。眠っているときは、素直に身体と心を休ませてあげなければ良い睡眠をとることはできないということです。

なお、夜食の前に夕食を食べる場合も時間には気を付けなければなりません。通常は夜9時以降に食事をすると消化が遅れがちになるため、睡眠の質を下げてしまうことになります。とは言え、仕事などで忙しくしていると夕食の時間も遅くなりがちになりますよね。9時以降に夕食を取る場合は、できるだけ消化しやすいようにあらかじめ食べる量を少なめにしておきましょう。

夜食に関しても、量は少なめの方が良いかと思います。また、夜食を食べる際は就寝前の2、3時間前に食べ終えるようにしてください。この時間は食べ物の消化にかかる時間です。眠る前にはしっかり消化されている状態でいられるよう、時間には十分注意するようにしてください。

けれども夜食をとる時間が夜中の2時や3時だと、2、3時間もの間消化を待っていたら朝を迎えてしまうことになりますね。睡眠時間が削られてしまうことになるわけですから、これは本末転倒と言わざるを得ません。消化を待つ時間を短縮するためにも、食べる物にも気を使っていく必要があります。そうは言っても何を食べれば良いのかわからない、と悩んでしまうかと思います。しかし、そう難しく考えることはありません。

お腹に優しい食べ物、つまり消化しやすい物を食べればよいのです。風邪をひいたときによく食べるおかゆが最適ですね。でんぷん質の物は消化が良いため、夜食としても最適な食べ物なのです。けれども、眠る直前に食べるのはいくら消化が良いとはいってもおすすめとは言えません。少なくとも眠る1時間前に食べるようにしてください。

ただし、夜食の食べ過ぎは消化不良や肥満にも繋がりますから注意が必要です。夜食を食べるときは、食べる量と消化の時間によく配慮していきましょう。これらの点を抑えておけば、睡眠の質を著しく下げることなく休息をとることができるようになりますよ。

Read More

最適な睡眠時間帯を知ることが良い睡眠をとることに繋がります

電気がなかった時代では、夜にできることはほとんどありませんでした。そのため、暗くなってしまえば眠ってしまうことがほとんどでした。しかし、現代では夜にできることが格段に増えました。それにつれて人の睡眠時間は短めになり、人によって就寝時間もばらばらになってきている状況です。けれども就寝時間は違っていても、みんな同じ人間ですから睡眠に最適な時間帯というのは一様に存在しているのです。

つまり、寝つきが悪い人はその時間帯に眠るようにすれば、いつもよりも眠りに就ける時間が早まる可能性がぐんと上がるものと考えられます。眠気が訪れるピークは夜の22時頃からです。本格的な睡眠をとるため、体内はこの22時までにきちんとした睡眠ができるようにその準備に入るようになります。この流れを阻害しないためにも、22時頃までに食事や入浴を済ませて眠れる準備を能動的にしておくようにしましょう。

しかし、22時頃以外にも眠気のピークの時間が存在します。それが夕方の15時から16時頃です。午後の授業は眠い、と言う学生さんがよくいるのは至極当然のことだということですね。この時間帯には夜のように本格的に眠ることはまずないでしょうから、この眠気は夜に支障がない程度に解消してあげなければなりません。眠気を軽減させるためにも、お昼休みなどに昼寝を30分程度することをおすすめします。

けれどもお昼ご飯を食べなければ午後の仕事や勉強への活力がわいてきませんから、お昼ご飯を抜いてまで昼寝をすることは難しいこともあるでしょう。昼寝が無理であるようなら、午前中にあらかじめカフェインを摂取しておきましょう。カフェインの効果は長時間続くものなので、午前中に摂っておけば眠気のピークの時間帯でも十分効果を発揮してくれます。しかし午後になってからカフェインを摂ってしまうと、効果の持続性が高いために夜の睡眠に影響が出てしまいます。ですから、摂取する時間には気を付けてくださいね。

逆に、通常目が冴える時間帯は19時から21時とされています。この時間帯は睡眠禁止帯とも呼ばれていることからも、睡眠には不適切な時間だということがよくわかるかと思います。なぜ睡眠禁止帯とまで呼ばれるのかと言いますと、この時間帯というのは人間の身体がまだ活発に働いているからです。つまり体内では眠るための準備がまだ不十分な状態だということです。不十分なまま眠ろうとしては、寝つきが悪いのも当然ですしその質も良いわけがありません。

たとえ睡眠禁止帯に眠気が訪れても、身体の活動は活発なことに変わりはありません。後々ぐっすり眠るためにも、我慢するようにしてください。また、睡眠禁止帯は異常でもなんでもなく体内の仕組みの一つです。ですから、睡眠薬を飲んでも効果はありません。眠れないことはおかしいことでもなんでもない、ということをきちんと理解しましょう。睡眠禁止帯では寝つきが悪いから、といって服用を続けたり薬の量を増やしたりすることは避けてくださいね。悪用は身体に負担をかけます。

明日も朝早く起きなければいけないから、と思って夜更かしをせずに布団に入るのは良い心がけではあります。しかし、無理に眠ろうとすることは心身の健康にもあまり良くない結果を生むことになります。睡眠は身体や心を休める時間です。そして一日の疲れをリセットし、明日をまた有意義に過ごせるようにする準備期間でもあります。睡眠の質を高めるには、睡眠の導入も大切な要素となります。強制的に眠るのではなく、あくまでも自然に眠れる時間がやってくるのを待ってから就寝するようにしましょう。

Read More

寝酒は快適な睡眠とは程遠い?眠る前のお酒がもたらす危険性

お酒が好きな人は眠る前にも飲んでいることが多いのではないでしょうか。あるいは、なかなか眠れないからお酒の力を借りて眠ろうと考え、就寝前にお酒を飲む人もいるかと思います。確かに睡眠の導入としては、お酒はとても優れた物であると言えます。しかし良いことだけではないのです。普段お酒をよく飲み、かつ就寝前にもたしなんでいるという人は、寝る前のお酒が自分の身体の健康を損ねてしまうおそれがあるという事実をしっかり覚えておく必要があります。

では一体どのような問題があるのかと言いますと、寝る前のお酒は良い睡眠を妨げてしまうのです。先ほど言ったことと矛盾するのではないか思われるでしょうけれども、どちらも本当のことなのです。お酒は睡眠導入時は良い薬となってくれますが、睡眠中では薬ではなくなってしまうのです。

飲んだお酒は、数時間経つと体内でアルデヒドという成分に変化します。これは身体にとっては毒となる成分ですから、害のない成分に分解していかなければなりません。それが行われるのが他でもない睡眠中なのです。本来なら睡眠時は休息をとっている状態ですから、交感神経の活動もゆるやかになっています。しかし体内にお酒が入ると、お酒から変化したアルデヒドを分解するために交感神経が活発になり、余分なエネルギーを消費することになります。

交感神経が活発になっているということは、副交感神経がしっかり働いていないので心身が休息をとれていないことを意味します。つまり、きちんと眠ることができていないのです。睡眠時には副交感神経が脳や身体の疲労を治癒させているので、この神経の働きが不十分であることは良くない傾向です。そうなると眠りが浅くなる、あるいは早朝覚醒になる事態を招くことになります。結果として、就寝前のお酒が不眠の症状を誘発しているということなのです。

また、お酒は食欲を増進させる効果も持っています。なぜなら、お酒は胃液の分泌を促す作用を持っているからです。胃液の分泌が盛んになると、消化を早まらせることになり、それと同時に空腹状態になるのも早くなります。ただでさえ夜更かしをするとお腹が空いてくるのに、それに加えてお酒を飲めばますます空腹を加速させてしまいます。そして空腹を我慢できずに、必要以上に夜食やおつまみを口にしてしまうというプロセスを辿ることになるわけなのです。また、こうした必要以上のカロリー摂取は肥満を招くおそれもあります。

それから食べた物の消化も終わらないうちに眠ろうとするのも厳禁です。これもまた体内の消化のために余分なエネルギーを使う羽目になり、睡眠の質を低下させてしまうからです。お酒を飲むにしても夜食やおつまみを食べるにしても、眠るときまでにはしっかり消化されている必要があります。消化には時間がかかりますから、就寝の2、3時間前までには飲食をきっちり終えているようにしましょう。

このように、お酒は人にとって最高の楽しみでありながらも時として健康を損なわせ、また飲む量を誤れば毒となるものです。良い面と悪い面の両方を持ち合わせているということですね。お酒を飲み続ける以上、アルコール中毒になってしまう可能性だって捨てきれません。そうなった場合はますます睡眠の質を下げることになってしまいます。

しかし、無理にお酒をやめる必要もないということを覚えておいてください。デメリットをきちんと理解し、お酒の量や飲む頻度をあらかじめ決めておけば、リスクを最低限に抑えることが可能になります。健康を保ち、なおかつ夜に気持ちよく眠れるようにするためにも自分なりの努力をしていくことがとても大切なことです。

Read More

寝つきが悪いときに即実践可能!快眠効果の高いマッサージ方法

寝つきが悪くなってしまうのは、実は目の疲れが原因であることが結構多いのです。本当はあまりしてほしくはないのですが、たまった仕事を片付けるために夜更かしをしてまでパソコンと向かい合ったり、あるいは書類とにらめっこをしたりすることもあるでしょう。そうすると、自ずと目は疲労してしまいます。特にパソコンが発する光は目にとっては負担になる眩しさですから、長時間見つめていると目の筋肉が凝り固まります。

こういった目の疲れは作業の能率を著しく下げることにも繋がります。また、質の良い睡眠をとれなくさせてしまうのです。ですから、疲れているにもかかわらずなかなか寝付けなかったり、あるいはやけに早く起きてしまったりするのです。これは睡眠障害を起こしているということですから、大変危険です。放っておけば後々大きな負担になることはまず間違いはありません。最悪の事態を避けるためにも、疲れは適度に解消してあげるようにすることが大切です。

疲れはツボを押すことによるマッサージで解消することが可能です。就寝前に行うのも効果的ですが、「疲れたな」と感じたときが特に狙い目です。疲れを解消する方法を覚え、その都度実践していくようにしましょう。

まずは不眠を解消するツボについてご説明します。このツボは頭部にあります。そのため、下準備として入浴を済ませて頭皮を清潔にしておくことが望ましいです。しかし仕事中はそうもいきませんから、自宅でマッサージをする場合はなるべく入浴を済ませておくようにしてください。頭部のツボは百会といい、頭頂部の中央辺りに存在しています。両耳を結ぶ線と顔の中心線がちょうど交差する部分が百会、と考えればより探しやすいかと思います。

この百会を両手の中指を使って数回押してください。押す力は弱すぎても効き目がありませんが、強く押しすぎるのもかえって逆効果です。力加減には十分注意してください。ツボを押したときに気持ちいいと感じられる程度の力で問題ありません。ちなみに、百会には頭痛を解消する効果もあります。日頃頭痛でも悩んでいるのなら、積極的にこのツボを押すようにすると良いかと思います。

続いて目の疲労を解消するツボについてです。このツボは頭部ではなく、顔に存在しています。目尻と眉尻の外付近にあるツボで、これを太陽といいます。今度は親指でツボを押し、上に押し上げた後ゆっくりと指を離します。これをまた数回行うようにしてください。太陽を押すときも力の加減には十分注意してくださいね。

それから目頭の部分にも目の疲労を解消するツボがあります。目頭の部分は疲れを感じたとき、無意識に押している人も結構多いのではないでしょうか。やり方としては、目頭を2、3秒抑えた後に離す、という動作を数回繰り返すようにしてください。目の奥の凝り固まった感じがどんどん和らいでいきますよ。

以上のようなツボ押しの他にも、手足の筋肉を伸ばしたり縮めたりするマッサージも筋肉がほぐされるのでリラックス効果を得られます。これもまた心地よい睡眠を得るためには大変役立ちます。頭や顔のツボを押すマッサージと併せて身体全体のマッサージも行うようにするとなお良いでしょう。より緊張した状態を解消しやすくなり、安眠へ繋げることができるようになります。

眠れないと思ったときは無理に眠ろうとせずに、一度布団から出てこういったツボ押しやマッサージをして効率よく眠れるようにしていきましょう。ツボ押しなら日中でも可能です。疲労をため込むことは不眠やストレスを助長することになりますから、常日頃から解消していくように心がけていってくださいね。

Read More