寝酒は快適な睡眠とは程遠い?眠る前のお酒がもたらす危険性

お酒が好きな人は眠る前にも飲んでいることが多いのではないでしょうか。あるいは、なかなか眠れないからお酒の力を借りて眠ろうと考え、就寝前にお酒を飲む人もいるかと思います。確かに睡眠の導入としては、お酒はとても優れた物であると言えます。しかし良いことだけではないのです。普段お酒をよく飲み、かつ就寝前にもたしなんでいるという人は、寝る前のお酒が自分の身体の健康を損ねてしまうおそれがあるという事実をしっかり覚えておく必要があります。

では一体どのような問題があるのかと言いますと、寝る前のお酒は良い睡眠を妨げてしまうのです。先ほど言ったことと矛盾するのではないか思われるでしょうけれども、どちらも本当のことなのです。お酒は睡眠導入時は良い薬となってくれますが、睡眠中では薬ではなくなってしまうのです。

飲んだお酒は、数時間経つと体内でアルデヒドという成分に変化します。これは身体にとっては毒となる成分ですから、害のない成分に分解していかなければなりません。それが行われるのが他でもない睡眠中なのです。本来なら睡眠時は休息をとっている状態ですから、交感神経の活動もゆるやかになっています。しかし体内にお酒が入ると、お酒から変化したアルデヒドを分解するために交感神経が活発になり、余分なエネルギーを消費することになります。

交感神経が活発になっているということは、副交感神経がしっかり働いていないので心身が休息をとれていないことを意味します。つまり、きちんと眠ることができていないのです。睡眠時には副交感神経が脳や身体の疲労を治癒させているので、この神経の働きが不十分であることは良くない傾向です。そうなると眠りが浅くなる、あるいは早朝覚醒になる事態を招くことになります。結果として、就寝前のお酒が不眠の症状を誘発しているということなのです。

また、お酒は食欲を増進させる効果も持っています。なぜなら、お酒は胃液の分泌を促す作用を持っているからです。胃液の分泌が盛んになると、消化を早まらせることになり、それと同時に空腹状態になるのも早くなります。ただでさえ夜更かしをするとお腹が空いてくるのに、それに加えてお酒を飲めばますます空腹を加速させてしまいます。そして空腹を我慢できずに、必要以上に夜食やおつまみを口にしてしまうというプロセスを辿ることになるわけなのです。また、こうした必要以上のカロリー摂取は肥満を招くおそれもあります。

それから食べた物の消化も終わらないうちに眠ろうとするのも厳禁です。これもまた体内の消化のために余分なエネルギーを使う羽目になり、睡眠の質を低下させてしまうからです。お酒を飲むにしても夜食やおつまみを食べるにしても、眠るときまでにはしっかり消化されている必要があります。消化には時間がかかりますから、就寝の2、3時間前までには飲食をきっちり終えているようにしましょう。

このように、お酒は人にとって最高の楽しみでありながらも時として健康を損なわせ、また飲む量を誤れば毒となるものです。良い面と悪い面の両方を持ち合わせているということですね。お酒を飲み続ける以上、アルコール中毒になってしまう可能性だって捨てきれません。そうなった場合はますます睡眠の質を下げることになってしまいます。

しかし、無理にお酒をやめる必要もないということを覚えておいてください。デメリットをきちんと理解し、お酒の量や飲む頻度をあらかじめ決めておけば、リスクを最低限に抑えることが可能になります。健康を保ち、なおかつ夜に気持ちよく眠れるようにするためにも自分なりの努力をしていくことがとても大切なことです。