良い睡眠は良い食事から!健康的な食事を心がけてぐっすり眠ろう

眠れない、寝た気がしないといった睡眠の問題を解決するには睡眠時に気を配ることもとても大切なことです。しかし、そのほかにもより良い睡眠をとるためのアプローチ法というものがあるのです。その方法とは、普段わたしたちが生きる上で欠かせない習慣となっている食事です。もちろん、ただ物を食べるだけで良い睡眠をとることができるわけではありません。心地よく眠りに就くための成分を摂取できる食べ物を食べることが重要なのです。

良い睡眠をとるために必要なものはまず第一に心と身体をリラックスさせてくれる成分です。心や身体の調子がたかぶったままのときや、ストレスを感じているときに人は寝つきが悪くなるものだからです。リラックスさせてくれる成分でカルシウムです。イライラしたときはカルシウム不足が原因と言われるように、カルシウムには心を落ち着かせてくれる働きがあるのです。眠れないときはホットミルクを飲むと良い、というのも頷ける話ですよね。もちろん、ヨーグルトなどの乳製品を食べることも効果的です。

パントテン酸という成分も入眠に効果があります。ストレスに対する抗体をつくり、身体の余計に疲労していくのを抑えてくれるようになります。このパントテン酸はたらこやレバー類に含まれています。また、これと同時にビタミンCやビタミンEを摂ればさらに効果が上がります。ビタミンCはブロッコリーやピーマンに、ビタミンEはアーモンドなどに含まれています。

催眠作用をもたらす成分を摂ることも睡眠には重要です。中でもメラトニンというホルモンは乱れた体内時計を調節してくれるので、きちんと摂取すれば夜の時間にちゃんと眠気が訪れるようになり、すぐに就寝しやすくなります。メラトニンは米やかいわれ大根などに含まれています。それから、トリプトファンというアミノ酸もセロトニンという催眠効果のあるホルモンを生成します。トリプトファンはバナナや牛乳、はちみつや大豆製品に多く含まれています。

また、メラトニンとトリプトファンと同様の働きをしてくれるラクッコピコリンの摂取も効果的です。これはレタスにたくさん含まれている成分ですから、サラダなどにして食べると摂取しやすいかと思います。こういった成分が含まれる食品を適度に取り入れながら、自分で調理をして摂取していくことが望ましいです。

けれども仕事などで疲れてしまい、なかなか自分では料理をする気力がわかないという人もいることでしょう。そういう場合は、すでに出来上がった食品を買って摂取することでも問題ありません。ただし、偏らせずバランスよく食事をすることが大切です。

ただし、リラックス効果のある成分や入眠効果のある食べ物をただ摂取するだけでは不十分だと言えます。これらの成分をきちんと体内に取り入れるには、規則正しい生活を心がける必要があります。身体が健康な状態だと、食べ物に含まれる成分もさらにより取り込みやすくなるからです。必要成分が含まれた食事をしっかりとり、お風呂などで心と身体を休めた後は布団に入って眠るのです。夜更かしをしないのが原則ですよ!そして翌朝も決まった時間に起きるようにしましょう。

この流れを毎日繰り返せば、これらの一連の流れが次第に身につき、習慣化することができます。習慣化できればその流れに従って生活が可能になりますから、なかなか寝付けないということが減っていきます。そして睡眠に効果的な成分を食事で摂取しているわけですから、睡眠時の問題も緩和されていきます。生活リズムを乱すことなく、食事という形で安眠をもたらしてくれる要素をしっかり取り入れながら暮らしていくことが肝心なのです。