ぐっすり眠る妨げになる?カフェインの摂り過ぎが良くないワケ

毎日頑張って仕事をしていると、唐突に眠気が襲ってくることがありますよね。寝不足のときは特にあくびをかみ殺すことが多いのではないでしょうか。また、お昼ご飯を食べた後も眠くなってしまうことが多いことでしょう。そんなように眠くてたまらないときに頼る存在というのは、やはりコーヒーなのではないでしょうか。

コーヒーには眠気覚ましとして有名なカフェインが含まれていますし、たくさんの商品となって販売されています。今ここで頑張らなければいけないという人には、コーヒーは大変重宝されている飲み物なのです。

しかし、目が冴えるからと言って仕事中や休憩時間にコーヒーを飲み過ぎてしまうのは、本来なら眠くならなければならない夜の時間に影響を及ぼすおそれがあるのです。と言うのも、カフェインの効果というのは実はかなり長く続くものだからです。カフェインの効果が表れ始めるのはカフェインを摂取してから約30分後、そして目が一番冴えてくるのは約40分後とされています。そして効き始めてから通常8時間から14時間ほどもカフェインの覚醒効果は継続してしまうのです。

そのため仕事から帰ってきた後も、身体や心は疲れているにもかかわらず、カフェインの効果があるために目が冴えて眠れなくなってしまいます。そして翌日寝不足となり、仕事中に眠くなるのでまたコーヒーを飲んで身体を覚醒させますよね。その夜もカフェインの効果でまた目が冴えているので、なかなか寝付けない…という事態になっていきます。このように、カフェインを摂取し続けるのは睡眠の悪循環を生み出すことになるのです。

カフェインの効き目には体質も影響してきますから、個人差というものがあります。しかし体質にかかわらず、どんな人であっても多量にカフェインを摂取するのはやはり危険だと言えます。なぜなら、コーヒーを大量に飲みすぎるとカフェイン中毒となる場合があるからです。カフェインを断つことが困難となり、カフェイン飲料を摂取し続けることになるため、結果として睡眠障害を起こすことになっていってしまいます。

また、最初はカフェインの効果がさほど実感できなかった人が多量に摂取していくうちに、だんだん効き目が表れてくるようになります。しかし、効き目が表れるまで摂取し続けたということは、すでにカフェイン中毒となっているおそれがあります。実感はないとしても、カフェインは身体に少なからず影響を及ぼしています。効いているかわからないからといって大量に飲むのは危ないことなのです。

夜しっかり眠れるようにするためには、カフェイン飲料を摂取する時間を工夫していく必要があるということなんですね。カフェインの継続時間を考えると、コーヒーを飲むのは朝起きてからの一杯程度にした方が良いでしょう。一杯だけでは心もとないから、と言って何杯も飲むことはしないようにしてくださいね。一杯だけでも十分な効果は期待できます。朝ばたばたして飲めないという場合は、午前中までにとるように心がけましょう。午前中以降はカフェイン摂取を我慢するようしてください。

コーヒーが好きな人にとっては飲む量を抑える、ということはなかなかつらいことになります。しかし、睡眠は人間が健康的に生活するには欠かせないものです。しっかりした睡眠がとれないと身体全体に不調をきたすことになります。また、睡眠不足によって仕事の能率が急激に低下してしまうこともありえない話ではありません。睡眠に気を使うということは人生を考えることにも繋がります。カフェインを摂取する時間や量には十分注意し、上手にカフェインを利用して仕事をこなしていくようにしましょう。