アロマの香りが生み出す安眠効果で快適な睡眠をとろう!

アロマと聞くと、室内でゆったり楽しむものだというイメージが強いのではないでしょうか。確かにそのイメージもぴったり当てはまります。けれども、アロマというのは自分の部屋にいるときであっても、はたまた外出するときであっても楽しむことができるので、実際はとても便利なものです。

アロマにもたくさんの種類があります。有名所でいえばラベンダー、他にもオレンジスイート、マジョラム、ネロリ、カモミール・ローマンなどがあります。これらはどれも不眠を解消してくれる効果を持っています。「夜になかなか寝付けない」とか「眠りが浅くてすぐに起きてしまう」などの睡眠障害に悩んでいて、なおかつこれからアロマを始めてみようかな、と考えている人はぜひこれらのアロマを選ぶようにしてください。

アロマの使用方法は主に4つ挙げられます。始めはどの方法が一番良いのかよくわからないかと思いますが、何事もチャレンジが大事です。難しい手順もありませんから、いずれも一度は試してみてください。そして自分がもっともやりやすい方法を見つけ、アロマを使っていくようにしましょう。

まず一つめは、入浴中に楽しむ方法です。やり方もとても簡単で、湯船に数滴アロマオイルを垂らすだけです。ちなみに、湯船に浸かることは心身をリラックスさせてくれる効果もあります。ですからアロマと併せればその効果をさらにアップさせることができます。ゆっくり温まりながらアロマの香りを楽しむようにしましょう。

そして二つめはアロマポットを利用する方法です。アロマポットの中に少量の水とアロマオイルを数滴入れ、ろうそくの火などで温めるのです。そうすると室内にふんわりと優しい香りが漂ってきます。

三つめはマグカップを使う方法です。アロマポットがない場合はこちらで代用すると良いでしょう。マグカップにお湯を八分目ぐらい入れ、そこにアロマオイルを数滴垂らします。ただし使った後もアロマの香りが残ることもあるため、普段使っているマグカップではなくアロマ専用のマグカップを用意するようにしてくださいね。

最後の四つめは、ハンカチやティッシュにアロマオイルを含ませる方法です。これは他の方法とは違い、外出するときでもアロマの香りを持ち運べるというところが最大の利点だと言えます。やり方としてはハンカチやティッシュにアロマを垂らし、それを枕元に置くだけです。自然と心が落ち着いてくるので、気持ちよく眠れるようになりますよ。

注意点としては、どの方法においてもアロマを使いすぎないということです。量が多すぎると、たとえどんなに良い香りであってもきつすぎてしまいます。そうなると逆に目が冴えてしまうため効果がなくなってしまいます。ですから、使う量には気をつけましょう。そして、ぜひ心に留めておいてほしいことがあります。アロマを使用するときは、アロマの香りを十分に楽しんでいただきたいということです。眠るために仕方なく使う、ということではアロマで良い香りをかいでいても何だか味気なくなってしまいます。

色々なアロマを試していくうちに、どの香りが自分にぴったりなのかがわかってきます。ぜひ自分のお気に入りを見つけてください。眠る前にお気に入りの香りを楽しむことで、次第に「この香りは眠る合図だ」と身体は理解していきます。香りを習慣化させる、ということですね。そうすれば、そのアロマの匂いを嗅ぐたびにすぐに睡眠に就くことができるようになります。それに睡眠の質も格段に良くなりますよ。